English
National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity内閣サイバーセキュリティセンター
HOME > 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とは > NISC設置までの経緯

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とは


内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)設置までの経緯


平成12年2月、インターネットの急速な利用拡大など我が国社会や国民生活のIT化が進展する中で、不正アクセス事案の発生やコンピュータウイルスの蔓延など情報セキュリティに関わる問題への危機感の高まりを受け、官民における情報セキュリティ対策の推進に係る企画及び立案並びに総合調整を行うため、内閣官房に「情報セキュリティ対策推進室」が設置(*1)されました。
(*1) 根拠:内閣官房情報セキュリティ対策推進室の設置について (平成12年2月29日内閣総理大臣決定)

平成17年4月には、「情報セキュリティ問題に取り組む政府の役割・機能の見直しに向けて」(平成16年12月7日IT戦略本部決定)に基づき、情報セキュリティ対策推進室を強化・発展させ、内閣官房に「情報セキュリティセンター(NISC)」が設置(*2)されました。
(*2) 根拠:情報セキュリティセンターの設置に関する規則(平成17年4月20日内閣総理大臣決定)
参考となる設置経緯はこちら
また、情報セキュリティセンターは、同時期にIT戦略本部の下に設置された「情報セキュリティ政策会議」の事務局としても活動しました。

平成26年11月には、「サイバーセキュリティ基本法」が成立しました。
平成27年1月には、同法に基づき、内閣に「サイバーセキュリティ戦略本部」が設置され、内閣官房組織令に基づき、情報セキュリティセンターを改組し、内閣官房に「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」が設置されました。



HOME
報道発表資料等
内閣サイバーセキュリティ センター(NISC)とは
組織体制
NISC設置までの経緯
設置規程
活動内容
会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
(C) 2015 National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで