TOP | 国際版!サイバーセキュリティ ひとこと言いたい! | (ブルネイ)バックアップすることの重要性

バックアップすることの重要性
                BruCERT(ブルネイ)
Brunei Computer Emergency Response Team (BruCERT)
Mr. Pg Mohd Farid Zulhusni Bin Pg Aziz
Ms. Ida Frida Abu
 
今年の前半に発生したWannaCryやPetya等のグローバルなランサムウェア攻撃を踏まえると、情報をバックアップしておくことは以前にも増して重要となっています。攻撃では主に被害者のコンピュータを乗っ取って、ファイルを暗号化し、それらのファイルを復元するための身代金を請求する一方、身代金を支払っても情報を復元できる保証はありません。それ故、この種の攻撃は情報の損失に繋がる場合があります。
 
しかし、情報の損失は、コンピュータウイルス、ハードウェアの破損、自然災害、窃盗など、様々な理由によって共通な問題にもなり得ます。すべての文書、ファイル、写真、動画などが復元できなかった場合を考えてみて下さい。それ故、情報をバックアップすることが極めて重要になるわけです。ファイルをバックアップすることで、思いがけない情報の損失やファイルの破損、ハードウェアの障害、ウイルス攻撃や自然災害などからある程度保護することができます。
 
「情報のバックアップ」とは?
「バックアップ」とは、コンピュータ上の重要な情報を複製して、情報が失われた場合にオリジナルを復元するために使用できるようアーカイブすることを意味します。バックアップした複製は、オリジナルが失われた場合に使用することができます。複製は、異なる場所の安全な環境で保管しなければなりません。
 
何をバックアップすべきか?
基本的に、自分にとって重要なすべての情報をバックアップします。最低限、機微な文書や学校の課題、写真、メディアのコレクションなど、簡単には再作成できない文書や情報のコピーを作るべきです。或いは、コンピュータ上のすべてのファイルをまとめてバックアップする方法もあります。
 
情報はどこに保存するべきか?
バックアップは、外付けハードディスクやDVD、USBドライブ等の可搬型ディスクに保存することができます。バックアップは、火災や洪水、泥棒などに備えてコンピュータとは物理的に離れた場所で保管します。もう一つのオプションとして、クラウド系のストレージサービスを使用することもできます。これは、ファイルをインターネット上のどこかに保存することを意味します。クラウド上でのバックアップの欠点は、情報量が大きい場合にアクセス速度が遅くなることです。
 
バックアップを作る頻度は?
重要な情報は定期的にバックアップします。毎日バックアップすることが推奨されますが、これは情報を変更する頻度にもよります。バックアップをスケジュール化して、習慣にすることで、憶えるのが楽になります。
 
モバイル端末のバックアップも忘れずに!
モバイル端末も定期的にバックアップする必要があります。重要な情報には、連絡先、メモ、メッセージ、写真、動画などが含まれます。iPhoneやiPad等は、iTunesを使ってiCloudや任意のコンピュータにバックアップすることができます。Androidやその他のモバイル端末のバックアップオプションは、製造元によって異なります。
 
 
 
※記載内容は執筆者の知見を披露されているものであり、著作権は本人に帰属します。