English
National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity内閣サイバーセキュリティセンター

(首相官邸Webサイトの検索システムを利用しています)

HOME > 活動内容 > 基本戦略グループ >  DNSの世界的な運用変更に伴うキャッシュDNSサーバーの設定更新の必要性について

DNSの世界的な運用変更に伴うキャッシュDNSサーバーの設定更新の必要性について

平成29年7月18日
内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)

   DNS(ドメインネームシステム)において電子署名の正当性を検証するために使う暗号鍵の中で最上位となる鍵を更新することが発表されました。キャッシュDNSサーバーを運用する方におかれては、以下の内容をご確認のうえ対策を講じるようお願いいたします。



DNSの世界的な運用変更に伴うキャッシュDNSサーバーの設定更新の必要性について PDF

HOME
報道発表資料等
内閣サイバーセキュリティ センター(NISC)とは
活動内容
基本戦略グループ
国際戦略グループ
政府機関総合対策グループ
情報統括グループ
重要インフラグループ
事案対処分析グループ
会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
(C) 2015 National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで