English
National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity内閣サイバーセキュリティセンター

(首相官邸Webサイトの検索システムを利用しています)

HOME > 活動内容 > 政府機関総合対策グループ > 電子署名付きPDFファイル閲覧時の注意表示への対処方法

電子署名付きPDFファイル閲覧時の注意表示への対処方法

平成29年7月26日
内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター


 内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が発行するPDF資料の一部には、政府認証基盤(GPKI)の証明書による電子署名を付与しており、改ざんが行われていないこと等を確認することができます。
 電子署名を付与したPDF資料をAdobe Acrobat Reader等のアプリケーションで閲覧した際に、「署名に問題があります」、「証明の完全性が不明です」等の注意が表示される場合があります。

 これらが表示される理由は、多くの場合、PDFファイルを閲覧するためのアプリケーションが、電子署名の検証に必要なGPKI の認証局の自己署名証明書を参照できないためです。これに対し、ソフトウェアを動作させるPC 等の端末に認証局の自己署名証明書を追加し、ソフトウェアから参照できるようにすることで、電子署名の検証を行うことが可能となります。これを実施することにより、以降は認証局の自己署名証明書の検証が行われ、改ざんが行われていないPDF 資料を閲覧した際には、注意が表示されなくなります。

 Adobe Acrobat Readerにおける認証局の自己署名証明書を追加する方法については、Adobe社のホームページ(https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/trusted-identities.html)にある方法で、Adobe Approved Trust List(AATL)を有効にしていただく必要があります。
 その他のアプリケーションについては、それぞれのサポート情報等を参照していただくようお願いいたします。

HOME
報道発表資料等
内閣サイバーセキュリティ センター(NISC)とは
活動内容
基本戦略グループ
国際戦略グループ
政府機関総合対策グループ
情報統括グループ
重要インフラグループ
事案対処分析グループ
会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
(C) 2015 National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで