TOP | 報道発表 | 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』と 内閣サイバーセキュリティセンターがタイアップ!

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
 
内閣サイバーセキュリティセンターがタイアップ!

 内閣サイバーセキュリティセンターは、サイバーセキュリティについて、国民一人一人の関心を高め、理解を深めていただくために、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とタイアップ企画を実施することを決定しました。
 企画の一環として、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のキャラクターを用いたサイバーセキュリティ月間(2/1~3/18)のタイアップポスター等を作成し、全国の関係機関等に配布します。
 また、このタイアップは官民連携で開催することとし、協力民間企業・団体を中心に、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』製作委員会、KADOKAWA アスキー・メディアワークスとともに、サイバーセキュリティ月間中関連した各種取組が行われます。
 

 

(上記のリンクをクリックすると、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公式サイトへ移動します。)

<概要>

2017年サイバーセキュリティ月間ポスターイラスト
 
「新・情報セキュリティ普及啓発プログラム」(平成26 年7 月10 日)において、情報セキュリティ対策の重要性を広く国民一人一人に訴求していく手法として、国民に親しみやすいメディア(コミック、ソング等)の影響力に着目し、これらを扱う事業者やクリエイター等と連携した取組も効果的であると期待されています。これまでも、雑誌や電車内の動画広告等、国民に身近なメディアを活用した普及啓発活動が実施されてきていますが、こうした取組を官民一体となって更に推進し、国民全体の意識を高め、具体的な情報セキュリティ対策の実践を促していくことになっております。
 そこで、内閣サイバーセキュリティセンター(以下、「NISC」という。)は、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とタイアップを行うことで『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』製作委員会(以下、「製作委員会」という。)、KADOKAWA アスキー・メディアワークスと合意し、国民に対して広くサイバーセキュリティに関する普及啓発強化を図るため、タイアップ企画を行うこととしました。
本企画では、製作委員会、KADOKAWA アスキー・メディアワークスの協力により、新規描き下ろしイラストを用いた2017 年サイバーセキュリティ月間のタイアップポスターを作成し、全国の関係機関に配布するとともに、同キャラクターを用いたウェブバナーを作成し、 NISCホームページにて公開及び提供を行います。また、「サイバーセキュリティ月間」を広く周知するため、2月6~12 日の間、関東圏及び関西圏にて、同キャラクターを用いたデジタルサイネージ広告を掲載します。
 今回のタイアップ企画を通じ国民一人一人に、「サイバーセキュリティ月間」の趣旨が広く浸透していくとともに、サイバーセキュリティへの意識が高まることを期待しています。
 また、製作委員会を代表して、チーフプロデューサーのEGG FIRM 大澤信博様よりメッセージをいただきました。
 
「このサイバーセキュリティの普及啓発キャンペーンに本作『ソードアート・オンライン』が選ばれたことを大変光栄に思います。元より『ソードアート・オンライン(略称:SAO)』はゲーム内での死が現実の死となる未来のオンラインVR(ヴァーチャルリアリティ)ゲームを題材にした作品です。もちろん架空のストーリーですが、ネットを介したコミュニケーションの世界では、情報の漏洩や金銭の盗難だけでなく生命にも関わる危険性が潜んでいることをSAO は示唆しています。しかし本来、ネットゲームや仮想現実などサイバーテクノロジーは人々に新しい娯楽や生活の利便性をもたらす技術です。ゲームを楽しんだり新しい友達と趣味を共有したり、モノのインターネットを通じて生活がより便利になったり、そういうためのいわば道具です。その道具を使った犯罪に巻き込まれないための大前提が『セキュリティの確保』に他なりません。
 今回、劇場公開される『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の中で描かれているデバイスやテクノロジーの一部は既に技術的には実現可能だと言われています。つまり、将来、現実的に起こりうる出来事と捉えています。
 本作を通じて少しでもこのキャンペーンに興味を持っていただければ幸いです。」
 
 

『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』
チーフプロデューサー
株式会社 EGG FIRM 代表取締役 大澤 信博
 
<ソードアート・オンラインとは>
 電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズは、第15 回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原 礫氏による小説作品で、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語です。2009 年4 月の第1 巻発売以来高い人気を誇り、日本国内累計発行部数1,250 万部、全世界累計1,900 万部を突破しております。これまで二度のTV アニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ製作などを行っているほか、2016 年8月には米国の多角的メディア企業、Skydance Media による『ソードアート・オンライン』シリーズの全世界向け実写映像化について合意、『ソードアート・オンライン』実写テレビドラマ企画がハリウッドにて進行中です。本年2月18 日からは原作者・川原 礫が完全新作ストーリーを書き下ろした『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』も全世界にて公開が予定されており、『ソードアート・オンライン』は世界中にファンを持つメガヒット作品となっています。
 
(2017年サイバーセキュリティ月間ポスターイラスト)

イラスト制作 A-1 Pictures
作画 近岡 直(マカリア) Sunao Chikaoka
作画監督 足立慎吾 Shingo Adachi
仕上 袴田純子、大谷道代 、藤原優実、古賀真利江(Wish) Junko Hakamada, Michiyo Otani, Yumi Fujiwara, Marie Koga
フィニッシュワーク 脇 顯太朗、田中直子(旭プロダクション) Kentaro Waki, Naoko Tanaka
 






 

 

 

 
NISC SNS一覧 
NISCに関する最新情報
Twitter
Facebook
 サイバー天気予報
Twitter
LINE
※ SNS運用ポリシーはこちら


 
NISCサイバーセキュリティ意識啓発動画ポータルへ 
ご注意 上記リンクをクリックすると別サイトに移動します。