TOP | TIPs | ウェブブラウジング

  知る・守る・続ける

ウェブブラウジング

パソコンには、納税、銀行記録、その他の個人情報が保存されていませんか。また、写真、音楽、動画などが、携帯電話やパソコンあるいはゲーム機など、さまざまな端末に保存されているでしょう。安全かつ安心に利用できるよう、それらの情報が記録される端末を保護する必要があります。

しかし、決して不安に思う必要はありません。いくつかの簡単な手順により、端末の安全性を向上させ、情報を保護することができます。

 

オンラインの脅威

インターネットは大変便利なツールですが、シートベルトをしないで車に乗らない、ヘルメットなしでバイクに乗らないのと同じように、インターネットに接続する前に、必ずいくつかの基本的な注意事項を守れば安全に利用することができます。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。まずは、 既存の脅威について学びましょう。
 
ウイルス
ウイルスは、主に電子メールを経由して送信される有害なコンピュータプログラムです。様々なウイルスが存在しますが、一般的にインターネットを介して1台のパソコンから別のパソコンに感染し、また、攻撃者が外部からパソコンを操作できるように設計されています。
 
スパイウェア
スパイウェアは、いくつかに分類されますが、1)危険なウェブサイトを訪問した場合などに、許可なしにダウンロードされ、2)必要のない活動を始めます。簡単なのもでは、広告を表示する(「アドウェア」と呼ばれます。)だけですが、危険なものになると、あなたのオンライン活動を追跡して、パスワードを盗み、アカウントを危険にさらします。
 
フィッシング
フィッシングとは、電子メールや悪意あるウェブサイトを使って、個人情報を収集する攻撃です。攻撃者は緊急を装うメールを送るなどしてアカウント情報を要求します。時にはクレジットカード会社や金融機関を装うこともあります。いったん要求された情報を送ってしまうと、攻撃者は取得したユーザアカウントから個人情報を収集します。
 
ボットネット
有害なサイエンスフィクション映画か何かに聞こえますが、ボットネットはインターネットで非常に危険な脅威となっています。ボットネットは、(多くの場合、上記のいくつかの脅威を手段として)感染した多数のパソコンで構成されます。パソコンは、ボットネットにより制御され、多くの場合、利用者は感染していることさえ気付きません。攻撃者は感染したパソコンを利用して、大量のトラフィックを発生させ、ウェブサイト等への攻撃を行います。これらの攻撃は、会社及び国家全体さえ混乱させることができます。また、ボットネットに制御されてしまっている人々の個人情報も危険にさらされるため、なりすましを受けることがあります。

 

推奨する情報セキュリティ対策

インターネットに接続されているパソコンにインストールすべきソフトウェアは3つです。これらの対策は、サイバー犯罪や侵入に対する最適な防衛手段です。
 
ウイルス対策ソフトウェア
ウイルス対策ソフトウェアは、ファイルや電子メールをスキャンして、感染しているものを削除することにより、パソコンを保護します。ウイルスは、データの破壊、パフォーマンスの低下、ソフトウェアの異常終了を引き起こし、また、パソコンのアカウントを利用してスパムを送信します。

ウイルス対策ソフトウェアは、新たなウイルスの脅威から身を守るためにインターネット経由で定期的に更新する必要があります。多くのウイルス対策ソフトウェアには、更新を自動的に行う機能があります。

ウイルス対策ソフトウェアを入手するには、ウイルス対策ソフトウェア会社のウェブサイトからダウンロードするか、販売店で購入しましょう。また、多くのインターネットサービスプロバイダ(ISP)では、ウイルス対策サービスを提供しています。
 
ファイアウォール
ファイアウォールは、攻撃者からのパソコンへのアクセスを防ぎます。ウイルス対策ソフトウェアがファイルや電子メールをスキャンするのに対して、ファイアウォールは許可されていないアクセスそのものを拒否する壁のようなものです。

いくつかのオペレーティングシステムには、ファイアウォール機能が含まれています。

お使いのオペレーティングシステムにファイアウォール機能が含まれていない場合は、別途ファイアウォールソフトウェアをインストールするか、ハードウェア型のファイアウォール(ファイアウォールソフトウェアが含まれた外部機器)を設置してください。
 
スパイウェア対策ソフトウェア
スパイウェアとは、あなたのオンライン活動を監視し、潜在的に個人情報を収集する悪意のあるソフトウェアです。スパイウェア対策ソフトウェアは、定期的にパソコンをスキャンして、スパイウェアを削除する手助けをしてくれます。いくつかのウイルス対策ソフトウェアには、スパイウェア対策機能が含まれています。
 
オペレーティングシステムとブラウザ
古い、または欠陥のあるソフトウェアが攻撃の対象となるため、ソフトウェアの定期的な更新は必要不可欠です。

パソコンはオペレーティングシステム(OS)なしでは動作することができません。よく知られたオペレーティングシステムには、Windows、MacOS、Linuxなどがありますが、攻撃者はこれらのOSの問題点に対して攻撃を行います。これらの攻撃に対処するために、OSメーカーは問題点を修正するための定期的なアップデート(または「パッチ」)を提供しています。

また、攻撃者はウェブブラウザの問題点を攻撃して個人情報を収集し、悪意あるソフトウェアをインストールしたりします。主要なブラウザベンダーは、OSベンダーと同様に、問題を解決するために定期的なアップデートを行っています。

OSとウェブブラウザについても、定期的なアップデート行い、常に最新の状態に保ちましょう。









 

 

 

 
NISC SNS一覧 
セキュリティ情報
Twitter
 活動情報
Twitter
Facebook

LINE
※ SNS運用ポリシーはこちら

 

 
NISCサイバーセキュリティ意識啓発動画ポータルへ 
ご注意 上記リンクをクリックすると別サイトに移動します。