TOP | 2016年度 | 国際版!サイバーセキュリティ ひとこと言いたい! | (カンボジア)安心・安全なインターネットの利用

安心・安全なインターネットの利用
CamCERT(カンボジア)
Official, CamCERT
Department of ICT Security
Ministry of Posts and Telecommunications
Mr. Kim Ann

 
今日、社会は様々な技術進歩の影響を受け、世界中のほぼ全員も影響を受けています。最も普及した技術の一つは、インターネットの発明とその大量利用です。今日はいつにも増して、世界中の人々が日常的に生活やビジネスのタスクを支援するためにインターネットを使用します。インターネットは、教育、ビジネス、政治、娯楽、ソーシャルネットワーキング、世界のセキュリティ等、生活におけるほぼすべての局面に関する莫大な情報に導くポータルです。インターネットは世界の発展における主要なリソースとなりましたが、インターネットの大量利用は、プライバシーや個人、企業の保護、政府のセキュリティ等、重大な問題をもたらしました。
 
インターネットの利点で考えた場合、インターネットは安心かつ安全と言えるでしょうか。インターネットは世界中で広く使用されています。通常のユーザにとってインターネットはメール、Google(検索)、ソーシャルネットワークなどを指しますが、コンピュータシステムやデバイス、ネットワーク、アプリケーション、データベース等について理解している者にとってインターネットはセキュリティ、プライバシー、オンライン情報等が重要です。インターネット自体は安全ではありませんが、働き方や連絡方法、ビジネスの運営等を迅速かつ容易にしてくれるインターネットの利用を多くの人々はやめようとしません。
 
今日、インターネットを使用する者は、かつてないほどのリスクに晒されていると言えるでしょう。技術の高度化とともに常に進化するインターネット社会の文化は、我々が大きく依存するこの概念が開発目的だけでなく犯罪目的で利用されることもますます容易にしています。我々がインターネットのセキュリティの局面を議論する場合、研究すべき分野はたくさんあります。この分野に精通した一般的なITユーザである私は、インターネットセキュリティのどの分野が最も懸念されるかについて強い意見を持っています。
 
インターネットを安全に利用することは、情報技術の最も重要な局面です。コンピュータが発明されてから何十年も経った今、情報の秘密を保つためには、この情報を守る必要があります。システム開発にセキュリティ対策を統合することが重要です。どのビジネスにも、情報セキュリティの目標を達成するための独自のセキュリティシステムがあります。コンピュータの世界では、リスクを削減したり、機密性を維持したり、情報リソースの信頼性を確保したり、国家のセキュリティ法やプライバシー法制を順守したりするためにセキュリティシステムが作られました。
 
我々は、世界中のインターネット利用を安心かつ安全なものにするために、セキュリティにもっと重点的に取り組む必要があります。安全でないインターネット利用に導く意識の欠如を人々が補えるようにする意識向上策も一つのオプションですが、意識のみでは十分でなく、人々はみな違うため、知識のギャップがオンライン活動において容易にセキュリティ侵害のリスクをもたらす可能性があります。インターネットの利用や安全性に関係する法令や規制を適用する必要があり、また人々がセキュリティのガイドラインに従ってプライバシーやセキュリティの設定を調整し、フィッシング詐欺を回避し、公共Wi-Fiを安全に利用し、コンピュータやノートPC、端末等を保護し、デジタル情報を安全に保ち、インターネット利用におけるオンライン上のプライバシーを保護する必要があります。
 

 
※記載内容は執筆者の知見を披露されているものであり、著作権は本人に帰属します。