English
National Information Security Center内閣官房情報セキュリティセンター

(首相官邸Webサイトの検索システムを利用しています)

HOME > 報道発表資料 > Winnyを介して感染するコンピュータウイルスによる情報流出対策について

Winnyを介して感染するコンピュータウイルスによる情報流出対策について

平成18年3月15日
内閣官房


 近時、ファイル交換ソフトウェアWinnyでやりとりされるファイルを介して感染するコンピュータウイルス(Antinny)により、政府機関や企業が扱う業務資料や個人情報、さらには、パソコン利用者本人のプライバシー等に関する情報が、家庭のパソコンなどから流出する事案が多発しています。
 Antinnyは、利用者がそれと気付かずに、あるいは安全であると勘違いしてウイルスに感染するよう巧みに仕組まれており、現状ではAntinnyによる被害を防ぐための技術的に完全な対策はありません。そのため、Winnyを使用している限り、情報流出の危険を避けることはできません。そこで、インターネットを利用する皆様におかれましては、下記のとおりWinnyの危険性を認識し、適切に対応して頂きますようお願い申し上げます。

Winnyの危険性
―最も確実な対策はWinnyを使わないこと―


1.Winnyの使用は危険!
・Winnyで入手したファイルは、誰が、いつ、どこで作成したのかもわからない信頼できないファイルです。悪意のある者にとってこのようなファイルにAntinnyを紛れこませることは簡単であるため、Winnyで入手したファイルを実行(ダブルクリック)したり、閲覧したりすることは非常に危険です。
・Antinnyが入ったファイルは、紛らわしいファイル名であったり、アイコンを偽装するなど、人間の心理を巧みに利用し、誰もが、つい、実行(ダブルクリック)したり閲覧したりしたくなるように仕組まれていますので、Winnyを使用してファイルを入手することそのものが危険です。
・パソコンを電子メールやウェブページの閲覧などの通常の用途で使用している場合であっても、個人のプライバシーに関する情報や重要な情報がパソコンの中に入っているため、Antinnyによる情報の流出は絶対に防ぐ必要があります。そのための最も確実な対策はWinnyを使わないことです。


2.最新のウイルス対策ソフトやオペレーティングシステム(OS)を使用していても危険!

・Antinnyの中には、最新のウイルス対策ソフトでも対応していないものも多くあるため、最新のウイルス対策ソフトを使用していても安心できません。
・Antinnyの大半は、OSのセキュリティホールとは関係なく感染し情報を流出させるものであるため、OSを最新の状態にしていても被害を防ぐことはできません。
・また、ウイルス対策ソフトが対応していないAntinnyも数多くあることから、ウイルス対策ソフトでは完全にAntinnyの感染を防いだり、検出・削除したりすることができません。そのため、確実にAntinnyに感染していないと言えるようにするためにはOSをクリーンインストールする必要があります。
  • クリーンインストールとは、ハードディスク上のソフトウェアやデータを完全に消去してから、OSを再びインストールすること。なお、クリーンインストールした後は、OSをアップデートして最新の状態にするようにしましょう。


3.自分がWinnyを使用していなくても危険!

・パソコンを家族と共同で使用している場合は、自分がWinnyを使用していなくても、自分が知らないうちに家族がWinnyを使用している可能性があります。そのため、日頃から家族のパソコンの使用状況を把握し、家族がWinnyを使用していないか確認するようにしましょう。
  • Winny以外のファイル交換ソフトウェアについても、上記と同様の危険性があります。


(添付資料)

資料1 昨今頻発しているWinny利用による情報流出とは PDF
資料2 身に覚えのない情報流出の典型例 PDF
資料3 コンピュータウイルス(Antinny)の脅威 PDF
資料4 あなたは大丈夫?(今すぐできるセルフチェック) PDF
資料5 対策参考リンク集 PDF


(参考) Winny及びAntinnyの検出・削除方法等 PDF


報道発表資料 PDF


本件問合せ先

内閣官房 情報セキュリティセンター
担当:大矢参事官、佐藤(隆)、川口
電話:(直通)03-3581-3768 FAX:03-3581-7652



HOME
報道発表資料
内閣官房情報セキュリティ センター(NISC)とは
活動内容
会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
Copyright (C) 2005 National Information Security Center. All Rights Reserved. サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで