English
National Information Security Center内閣官房情報セキュリティセンター

(首相官邸Webサイトの検索システムを利用しています)

HOME > 会議 > 情報セキュリティ基本問題委員会 > 情報セキュリティ基本問題委員会第1分科会(政府機能・役割検討分科会)の設置について

会議


情報セキュリティ基本問題委員会第1分科会
(政府機能・役割検討分科会)の設置について

  1. 情報セキュリティ基本問題委員会第1分科会(以下、「第1分科会」という。)は、情報セキュリティ基本問題委員会(以下、「委員会」という。)が、以下のテーマについて、専門的な検討を行った結果の報告を依頼することを目的として設置された母体である。

    (1)政府の情報セキュリティ政策・施策実施体制のあり方
    (2)有効性の高い政府自身の情報セキュリティ対策のあり方
    (3)情報セキュリティ施策推進の国家的拠点の強化の必要性とその方策のあり方

  2. 委員会は、以下の有識者に第1分科会の委員への就任を依頼し、土居範久中央大学理工学部教授に座長を依頼したところである。なお、検討の過程において、必要に応じて、委員の追加を行うこともあり得る。
    稲垣 隆一弁護士
    宇賀 克也東京大学法学部教授
    大木 栄二郎IBMビジネスコンサルティング株式会社チーフセキュリティオフィサー
    佐々木 良一東京電機大学工学部教授
    土居 範久(座長)中央大学理工学部教授
    中尾 康二KDDI株式会社技術開発本部情報セキュリティ技術部長
    夏井 高人弁護士/明治大学法学部教授
    松尾 明中央青山監査法人代表社員
    三輪 信雄株式会社ラック代表取締役社長

  3. 第1分科会の庶務は、内閣官房情報セキュリティ対策推進室において処理する。

  4. その他第1分科会の運営に関する事項その他必要な事項は、座長が定める。
−以 上−


第1分科会の検討状況

2004年8月6日第1回会合
(1)第1分科会の活動方針について
(2)「政府の政策・施策実施体制のあり方」及び「有効性の高い政府自身の情報セキュリティ対策のあり方」についての具体案の検討(その1)

2004年8月23日第2回会合
「政府の政策・施策実施体制のあり方」及び「有効性の高い政府自身の情報セキュリティ対策のあり方」についての具体案の検討(その2)

2004年9月1日第3回会合
「第1分科会中間報告案」の検討

HOME
報道発表資料
内閣官房情報セキュリティ センター(NISC)とは
活動内容
会議
IT戦略本部
情報セキュリティ政策会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
Copyright (C) 2005 National Information Security Center. All Rights Reserved. サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで