English
National Information Security Center内閣官房情報セキュリティセンター

(首相官邸Webサイトの検索システムを利用しています)

HOME > 活動内容 > 政府機関総合対策促進グループ > 「政府機関の情報システムにおいて使用されている暗号アルゴリズムSHA-1及びRSA1024に係る移行指針」(案)に関する意見の募集

「政府機関の情報システムにおいて使用されている暗号アルゴリズムSHA-1及びRSA1024に係る移行指針」(案)に関する意見の募集 (終了しました)

平成20年2月4日
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)

  政府機関の情報システムにおいて広く使用されている暗号アルゴリズムSHA-1及びRSA1024については、現在、安全性の低下が指摘されているところです。このため、これらをより安全な暗号アルゴリズムへ移行させる必要があるところ、その際には、情報システムの相互運用性を確保するなどの観点から、政府統一的な対応をとる必要があるため、今般、「政府機関の情報システムにおいて使用されている暗号アルゴリズムSHA-1及びRSA1024に係る移行指針」(案)を作成しましたので、下記の要領で国民の皆様から広く意見を募集いたします。


1.意見の募集の対象


「政府機関の情報システムにおいて使用されている暗号アルゴリズムSHA-1及びRSA1024に係る移行指針」(案) PDF

2.意見の提出方法

(1) 意見書には、所属、氏名、住所(法人又は団体の場合は、名称、代表者の氏名、主たる事務所の所在地)及び連絡先(電話番号又はメールアドレス)を明記の上、日本語により作成願います。
(2) 意見書は、電子メール、FAX又は郵送の方法でご提出願います。
(電話による意見の受付けは致しかねますので、ご了承下さい。)

《電子メールの場合》
送付先メールアドレス:メールアドレス
内閣官房情報セキュリティセンター(政府機関総合対策促進担当)あて
  • 件名には、必ず、「パブリックコメント意見」とご記入ください。
  • 添付ファイルの提出は受け付け致しかねますので、必ず電子メール本文に意見をテキスト形式でご記入下さい。
《FAXの場合》
送付先FAX番号:03−3581−7652
内閣官房情報セキュリティセンター(政府機関総合対策促進担当)あて
  • 様式についてはこちらをご参照下さい。 PDF
《郵送の場合》
送付先住所:〒100−0014 東京都千代田区永田町2−4−12
内閣官房情報セキュリティセンター(政府機関総合対策促進担当)あて
  • 封書に朱書きで「パブリックコメント意見」とご記入願います。
  • 様式についてはこちらをご参照下さい。 PDF
(3) 提出期限は、2008年3月7日(金)12:00(郵送の場合は同日必着)とします。
(4) 意見提出上の留意点
お寄せいただいたご意見については、その意見及びそれに対する内閣官房情報セキュリティセンターの考え方を取りまとめて公表します。その際、意見を提出された方の氏名(法人等にあってはその名称)やその他属性に関する情報は公表する場合があります。また、ご提出された意見等に対して個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ、その旨ご了承願います(詳細はNISCプライバシーポリシーをご参照下さい)。

<連絡先>: 内閣官房情報セキュリティセンター
(政府機関総合対策促進担当)
   斉藤参事官補佐、本多
住所:〒100−0014   東京都千代田区永田町2−4−12
電話:(直通)03−3581−3959

HOME
報道発表資料
内閣官房情報セキュリティ センター(NISC)とは
活動内容
基本戦略グループ
国際戦略グループ
政府機関総合対策促進グループ
重要インフラ対策グループ
事案対処調整グループ
会議
調査研究
主要公表資料
広報活動
関連サイト
関連法令等
リンクと著作権について
Copyright (C) 2005 National Information Security Center. All Rights Reserved. サイトマップ ご意見・ご感想はこちらまで